Loading.....

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

0
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

9世紀初頭、ガリシア地方で星に導かれた羊飼いがキリストの12使徒の1人、聖ヤコブ(スペイン名サンティアゴ)の墓を発見した。そのため、その地はサンティアゴ・デ・コンポステラ「星の野の聖ヤコブ」と呼ばれ、巡礼者が目指す一大聖地となった。この聖ヤコブ信仰は、スペイン全土のキリスト教徒の間に広まり、イベリア半島のイスラム勢力に対するレコンキスタ(国土回復運動)の精神的な支柱となり、聖ヤコブの墓は、当時、キリスト教徒最後の拠点となっていたアストゥリアス王国の歴代国王により保護された。