Loading.....

ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域

0
ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域

紀元79年8月24日、ヴェスヴィオ火山の大噴火は南麓の町ポンペイを火山礫と火山灰の下に埋もれさせた。町は紀元前8~7世紀からの歴史をもち、ワインと油の輸出で潤い、前80年からローマの支配下で商業地、別荘地として栄える。噴火直前の人口は1万とも2万とも言われ、約2000人が犠牲になった。1700年もの間、地中に眠っていた古代都市の発掘が始まったのは18世紀半ば。碁盤の目のような街路に神殿や浴場や住宅が蘇り、1900年前の人々の生活の営みを追体験できる。