Loading.....

パリのセーヌ河岸

0
パリのセーヌ河岸

紀元前300年ごろ、セーヌ河を航行していたケルト人の一族がシテ島を見つけ、そこに定住したのがパリの起こりだとされる。シテ島を中心に発展した街並みは、セーヌの流れを糧として成熟を続ける。ブルボン家による華麗な王朝文化が花開き、市民が自由のために立ち上がったフランス革命が起きたのも、セーヌ河を介してもたらされる文物や情報が少なからぬ影響を与えた。パリ市の銘句は、「たゆたえど沈まず」という言葉。幾多の困難の時代を生き抜き、より魅力的な街として再生し続けるパリ。