Loading.....

コルドバ歴史地区

0
コルドバ歴史地区

8世紀中ごろから11世紀初頭の後ウマイヤ朝時代に、首都として空前の繁栄を謳歌したイスラムの古都。世界遺産にも指定されている、イスラムの栄華を物語る大モスク、メスキータが町のシンボルだ。それを囲むように、白い家並みの旧ユダヤ人街が広がっている。コルドバはパティオの美しさでも知られ、毎月5月に催されるパティオ祭では、美しい花々に彩られた私邸も公開される。