Loading.....

アヴィニョン歴史地区

0
アヴィニョン歴史地区

中世に法王庁が置かれた旧市街は全体を城壁を囲まれている。ローヌ川に架かるサン・ベネゼ橋は「アヴィニョンの橋」の歌で有名だ。明るく活気のあるこの町は、世界的な演劇フェスティバルでも知られ、新旧の魅力にあふれている。駅前のレピュブリック門から北へ真っ直ぐにジャン・ジョレス通りが延びている。インフォメーションセンターはこの通りを3~4分歩いた東側。インフォメーションセンターの目まで行くと、道がやや細まってレピュブリック通りとなり、中心地のロルロージュ広場に至る。さらにその奥、法王宮殿があるパレ広場を抜けローヌ川に突き当たり、サン・ベネゼ橋へと続く。