Loading.....

グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

0
グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

1492年、スペインにおける最後のイスラム王朝、ナスル王国は、アルハンブラ宮殿の無血開城とともに終わりました。去りいく最後の王ボアブディルが宮殿を振り返って涙を流したという逸話もあり、文学や音楽作品などで未だ語り継がれています。変わって入場したカトリック両王の庇護のもと、コロンブスはアメリカ大陸に到達しました。