Loading.....

美味しいワインに酔いしれる究極の2泊3日! ボルドー・メドック ワイン&グルメ ツアー 3 日間

ツアーの見どころ!!

1855年ボルドー格付第3級、シャトー・ラグランジュ (シャトー見学、テイスティング、夕食一回)

今回は特別にシャトー内の宿泊施設に2泊します。シャトーの歴史は古く、17世紀頃のワイン地図に既に記載されているほど。古典的なメドックのタンニンを持つ、実に安定したワインで力強く、凝縮した果実味が感じられ、安定した品質で常に人気のワインをつくり続けています。ブドウは厳しい選別が行われ、非常に熟した果実が収穫されることにより、たっぷりとしたタンニンを持ち、ふくよかでリッチなスタイルに仕上がっています。また、新樽に由来する香ばしい風味もラグランジュの個性を印象づけています。

1855年ボルドー格付第1級、シャトー・ラフィット・ロートシルト (シャトー見学、テイスティング)

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1855年メドックの格付けにて「グランクリュ第1級のなかの1位」を獲得して以来、今日まで5大シャトーの筆頭として君臨するワインです。ルイ15世の嗜む「王のワイン」として広まり、フランス貴族のステータスシンボルとなりました。最低でも10年は待つべきと言われるラフィット、長期熟成を遂げたその姿はボルドーの真髄ともいえる究極のエレガンスを体現しています。ブラックカラントや、コーヒー、樽由来のローストしたニュアンスが心地よく混ざりあい、時とともに、濃く深いタンニンは滑らかで甘美なものへと変化していきます。

1855年ボルドー格付第2級、シャトー・モンローズ (シャトー見学、テイスティング)

凝縮感たっぷりで、非常にタンニックなテイストが特徴。鉄仮面のようなハードなカバーの中に様々な要素が閉じ込められ、一見して近づき難く、難解でもありますが、ゆっくりと開かせていくと、エレガントで奥ゆかしさのある圧倒的な魅力の虜になります。この辺りが「通好みのワイン」と呼ばれる由縁。モンローズらしい芳ばしい西洋スギとプラムリキュールのアロマ。チョコレート、トリュフ、湿った土のニュアンスもあり、コアの部分は既に融合し始め、甘いタンニンと、驚くほどに凝縮された味わいが口を覆います。魅惑的で深いフルボディテイストで、「通」を間違いなく納得させてくれるワインです。

シャトー・レオヴィル・ポワフェレ、シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

・シャトー・レオヴィル・ポワフェレ (シャトー見学、テイスティング、昼食一回)
レオヴィル・ポワフェレの可能性について博識なボルドー人に尋ねると、ほとんど誰もが口をそろえて「ポワフェレにはメドックで最も深遠といえる赤ワインを生み出せる土壌と能力がある」と答えます。 それどころか、中にはレオヴィル・ポワフェレの土壌はサン・ジュリアン村の第2級シャトーのどこよりも優れているという人も。
スミレ、ジャムにしたようなカシス、甘いオーク、トリュフを思わせる香り高いブーケが、グラスから香りたち、強烈な果実味がありながらパワフルというよりエレガントな仕上がり。こちらでは特別にお願いして、近年でも大変優良のヴィンテージ、2015年熟成中ワインも樽からテイスティングをいたします。2015年ヴィンテージは、世界的に著名なワイン批評家、ジェームス サックリング氏が100点満点中96点をあげており、マーケットでも大変評価の高いヴィンテージです。
ご昼食時は、2011年、2010年、2005年、2004年の優良ヴィンテージのバーティカル(垂直)テイスティングもお楽しみ頂きます。

・シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン(シャトー見学、テイスティング)
ワインの品質は、純粋なポーイヤックのスタイルでほぼ頂点を極めています。ブドウ畑は砂利の多い土壌で、真南に面する申し分ない立地。その大部分がシャトー・ラトゥールと向かい合わせに位置し、深い色調と気品のあるアロマ、密度の高い酒質のワインを引き出すテロワール(土壌)になっています。濃い紫色をした、豪華で派手なワイン。凝縮感があり、西洋スギ、黒果実、土、ミネラル、スパイスのより成長した芳香。味わってみるとジャムにした様な甘い果実風味、グリセリン、樽香、タンニン も感じられます。

  • ボルドー - サン・ジュリアン村

    朝食:× | 昼食:× | 夕食:○
    終日

    欧州内各国から各自ボルドーにご到着

    19:30 ボルドー市内の人気レストランにてご夕食をお召上がり下さい。
    シャトー・ラグランジュ内の宿泊施設にご宿泊。

    サン・ジュリアン泊

  • サン・ジュリアン村 - サン・テステフ村 - ポイヤック村 - サン・ジュリアン村

    朝食:○ | 昼食:○ | 夕食:○
    午前

    シャトー・ラグランジュにてご朝食。

    シャトー・モンローズを訪れ、テイスティングをお楽しみください。

    シャトー・レオヴィル・ポワフェレ内でテイスティング&プライベート昼食。

    午後

    シャトー・ラフィット・ロートシルトにてテイスティングをお楽しみください。

    シャトー・ラグランジュ見学します。
    その後、シャトー・ラグランジュにてご夕食をお楽しみ頂きます。
    シャトー・ラグランジュ内の宿泊施設にご宿泊。

    サン・ジュリアン村 泊

  • サン・ジュリアン村 - ポイヤック村 - ボルドー

    朝食:○ | 昼食:× | 夕食:×
    終日

    シャトー・ラグランジュにてご朝食。

    シャトー・ピション・ロングヴィル・バロンを訪れ、テイスティングをおた楽しみ頂きます。

    ボルドー市内にて12時頃解散、ツアー終了。
    その後は、各自ボルドー市内、サン・テミリオン村などをお楽しみ頂いた後、欧州各国へご帰国下さい。

出発日

2016年9月5日 月曜日

料金 (※ポンド料金はお申込時の換算レートによりご案内致します。)

オプション 値段 備考
大人/1名様 (2名様一室利用時)
€ 1100
£888
大人1名様参加 追加料金
€ 150
£121

その他・注意事項

※子供料金は大人と同額となります。

○利用予定ホテル○
Les Jardins de LAGRANGE
シャトー・ラグランジュが所有する広いぶどう畑の中に位置するプライベート庭園の中の宿泊施設です。 ※内容は予告なく変更されることがございます。
料金に含まれるもの
  • 専用車によるボルドーでの全移動(9月5日夕食後から9月7日昼ボルドー市内まで)
  • ボルドー市内でのご夕食、ハーフボトルワイン含む(1日目)
  • シャトー・ラグランジュ内宿泊施設 2泊朝食込ツインルーム
  • シャトー(各シャトー専属英語ガイド付き)5カ所見学&テイスティング(2・3日目)
  • シャトーでの昼食及び夕食(2日目)
  • 日本人アシスタント同行
料金に含まれないもの
  • ホテルのミニバー・電話・ルームサービスなど
  • 日程表に含まれない観光地の入場料
  • 現地までのフライト代金
  • 超過手荷物料金
お申込み締め切り 最少催行人数
8月19日 金曜日 正午まで 8名様から15名様まで
キャンセル時期 キャンセル料
予約完了後〜8月19日(金)正午 まで 50%
以降 100%