Loading.....

南アフリカ・ケープ半島とビクトリアの滝、サファリの旅

投稿日:2014年10月10日

こんにちは。ロンドン支店のTです。今回は、アフリカ・ケープ半島とビクトリア滝、サファリの旅をご紹介します。南アフリカの南端、大航海時代のロマン溢れる素敵なケープタウン、ゾウの楽園として知られるチョベ国立公園、世界三大瀑布のひとつビクトリアの滝などを旅行記でご紹介します。

ゾウの楽園チョベ国立公園

ロンドンからフライトで約11時間、ヨハネスブルグで乗り換え、ボツワナに到着。そこから車で約15分に位置するMowana Sawari Lodgeホテルに行き、ホテルの港から出発しているチョベ川サファリボートクルーズに参加ました。

アフリカ生粋の大自然を残すチョベ川では、世界最大級およそ12万頭のアフリカ象が生息しています。早速ボートに近づく野生のゾウを発見!

バッファローやワニやカバの迫力、空を舞う色鮮やかな野鳥、チョベ国立公園の川岸に水を飲みにくる様々な動物。アフリカの個性と魅力が満喫できるサファリボートクルーズでした。

翌日はボツワナのチョベ国立公園でサファリを楽しみ、待望のライオンやキリンに出会うことができました。ちなみにボツワナでのサファリクルージングとチョベサファリツアーは、Mowana Sawari Lodgeホテルに宿泊のお客様はなんと無料でした!

世界三大瀑布のひとつビクトリアの滝

ボツワナからは、フェリーと車で合わせて約2時間で、ザンビアに移動し、世界三大瀑布のひとつビクトリアの滝に行きました。今回はヘリコプターに乗り、上空から雄大なビクトリアの滝を眺めることができました。空高く上った水煙が豪雨のように降り注ぎ、ちょうどその滝の部分から虹がかかり、風光明媚な景色でした。

ザンビアで宿泊したRoyal Lvingstoneホテルは、ラグジュアリーで、部屋の庭ではキリンやシマウマなどを見ることのできる自然や野生動物に囲まれたホテルでした。

夕方はクルーズで、アフリカの大地に沈む夕日を観賞しました。

南アフリカ・ケープ半島でペンギンとアザラシと喜望峰観光

ザンビアから南アフリカに飛行機で移動し、今回は同僚のHさんのおすすめで、ケープタウンではなく、そこから車で15分~20分離れたキャンパスベイに宿泊しました。そこが大当たりで、私が宿泊したホテルの部屋からは、キャンパスベイの美しいビーチを眺めることができました!

翌日は、ハウト湾に浮かぶアザラシ(南アフリカオットセイ)が生息するデイカー島遊覧ツアーに参加。アザラシの大群が島狭しとひしめいている姿が印象的でした。

弊社のお客様のおすすめで、ペンギンの営巣地ボルダーズ・ビーチも訪問。こんな近距離で、ペンギンと触れ合うことができました。

ケープタウンから50km南へ延びたケープ半島の突端にあるアフリカ最南西端の地、喜望峰は、壮観たる景色を堪能することができました。
今回の旅は1週間で、あっという間に過ぎましたが、アフリカの壮大な景色を楽しむことができました。是非みなさんもアフリカに行ってこの感動を味わってほしいです。

地球の鼓動を焼き付ける、南部アフリカ周遊の旅8日間

JTBヨーロッパでは南部アフリカ周遊の旅8日間を取り扱っています。
象の楽園チョベ、ヴィクトリアの滝、喜望峰など見所満載のツアーで最適なホテルもご案内いたします。また、オプショナルでワイナリー巡りもあり、本場の南アフリカワインを味わうことも可能です!
ヨーロッパにいる間に南アフリカの旅は行かかですか?

 地球の鼓動を焼き付ける、南部アフリカ周遊の旅8日間